グーナーの語る投資と保険と政治と酒、時々生活

主に全世界株インデックス投資と生命保険と政治について電機系メーカー営業が語ります。

リ・バランスはするべきか?

こんにちは。カバラン丸です。

 

 

 

 

 

 

 

投資信託にしろ、個別株にしろ、ETFにしろ、資産形成をしていると聞く言葉があります。

 

 

 

 

 

 

リ・バランスです。

 

 

 

 

 

自分のポートフォリオ(型)があったとします。特に積立投資等で債券50%/株式50%の比率(アセットアロケーション)で持つと決めたとし、1年も経てばまず間違いなく株式が比率を上回ります。その上回った分を売却し、足りてない分を買い増すことを基本的にはリ・バランスと言います。

 

 

 

 

 

 

 

確かに理にかなっています。

 

 

 

 

 

 

 

高いものを売り、安いものを買う。

 

 

 

 

 

 

toshin-clinic.com

 

 

 

 

 

カンさんは今現在の市場が過熱相場であるからリ・バランスするなら今ですよー、と言っています。

 

 

 

 

 

 

確かに、理にかなっているのですが、これには決定的な弊害があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

売却時に利益分に20.315%課税されることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は日本に利益分の課税がある限り、高いものを売り安いものを買うというリ・バランスについて否定的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにこのリ・バランスをしまくっているアクティブファンドが一つあるのですが、結果が芳しくありません。コモンズ30というファンドです。

 

 

 

www.commons30.jp

 

 

 

このファンドは30銘柄を全て均等に持つファンドで、毎日その比率を見直しています。(これをトリミングと言います)
もはやリバランスしすぎると名称変わってトリミングになります。

 

 

 

 

このファンドは積立NISA適格のファンドですが、分配金も出してしまいますし、複利の強みを最大限享受できません。

 

 

 

コモンズ投信自体は嫌いではないのですが、あえて購入する気には、、、なれないなぁ、ごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもどうしてもリ・バランスしたいと言う人向けに2点、方法を挙げたいと思います。

 

 

 

 

 

①単純に足りてない部分を買い増すだけ

 

 

 

これであれば買い増すだけで比率を揃えるので売却時の課税を免れることができます。

やるなら一部売却でなく買い増し、これだけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

②そもそもリ・バランス不要なファンドを持つ

 

 

 

ここで私のお勧めを紹介します。私はそもそも債券が好きではありません。値上がりしないからです。この低金利時代にアメリカを除いて債券を保有する意義を見いだせません。そのためリスク資産は基本的には株式のみで良いと思っています。

 

 

 

 

その上で、時価総額加重平均型のインデックスファンドを選択すれば、株式市場の強い国、企業別に勝手に比率を決めてくれます。また、日本は成長していませんが地球規模で見ると人口は増え続けており、人口が増える=経済成長していると言えるため、全世界株式もしくは先進国株式の時価総額加重平均型のインデックスファンドをひとつだけ選べば、そもそもリ・バランス自体不要なのです。

 

 

 

 

kavalanmaru.hatenablog.com

 

 

 

 

 

ちなみに、以上の理由から株式と債券をMIXしたバランス型ファンドはお勧めしません。

唯一勝っても良いと思えるのは楽天USA360のみです。

 

 

 

 

 

 

 

これは90%をVTI、残り10%を先物取引を用いて米国長期債券を270%購入し、合計360%とするバランス型ファンドです。そもそも、債券は通貨為替の影響を多分に受けるため、為替ヘッジが必要となります。しかし、先物取引を使うことで為替による影響をなくすことができるのです。しかも、購入するのは先進国の中で唯一選択肢となり得る米国長期債券です。しかも初心者では中々出来ない先物取引を用いたレバレッジ投資にもかかわらず信託報酬は0.5%を切ります。

 

 

 

 

 

 

 

どうしても債券買いたい、と言う人、お勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

①にしろ②にしろ、何が言いたいかと言うと、売るなという事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に必要な時以外はバイ&ホールドを徹底していきましょう。

SBI証券の毎日積立で応援したいファンド(GDPバスケット/ATMX+/りそなESG先進国/楽天USA360/おおぶねグローバル)を買うことにしてみた。

こんにちは。カバラン丸です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近なかなかしっくり来ておらず、投資対象の見直しをずっとしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこでカード積立対象の選択と集中を実施し、それ以外でどうしても買いたいものがあれば毎日積立(上限500円/日)で現金で買うことにしました。

 

 

 

 

 

 

カード積立(仮)

楽天証券×楽天カード:5万円/月

eMaxisSlimオールカントリーのみ

 

SBI証券×三井住友カード:5万円/月

SBIバンガードS&P500のみ

 

マネックス証券×マネックスカード:5万円/月

iFreeレバレッジNASDAQ100のみ

 

tsumiki証券×エポスゴールド:3,000円/月

ひふみプラスのみ

 

セゾンポケット×セゾン雨金:1,667円/月

セゾン資産形成の達人

 

 

 

MAX約15万円/月の積立です。恐ろしい。

拠出できるように頑張らないと、ですね。

ただ、拠出額を自由に調整できるのが投資信託×積立投資のメリットです。

 

 

 

 

生活がキツくなれば最悪拠出をストップすればいいだけなんですから。

 

 

 

 

 

 

さて、そこに加えて今回新たに現金での毎日積立も実施します。

 

 

 

 

 

 

証券会社はSBI証券です。なぜなら住信SBIネット銀行と連動させることで証券口座に入金する手間が不要となります。

 

 

 

 

 

マネックスと比較してこの点が圧倒的に楽です。また、取り扱いファンド数の観点からもSBI証券楽天証券が群を抜いて多い状況です。そのため毎日積立はSBI証券で実施します。

 

 

 

 

 

 

 

また、私はここでは純資産総額や信託報酬などはいったん度外視し、ただ買ってみたいファンド、応援したいファンドを購入することとします。

 

 

 

 

 

 

 

SBI証券×毎日積立:約1万円/月(稼働日20日計算)

①<購入・換金手数料なし>ニッセイ世界株式GDP型バスケット

 

このブログで何度も紹介しているファンドです。

私は長期的視点に立てばGDPも株価に影響してくると考えます。というか、中国の経済成長が無視できないものになってきています。

そのなかで中国市場に最も低コストで投資しようと考えたとき、最もお勧めのファンドがこのファンドです。

 

 

 

 

 

②iFreeNEXT ATMX+

 

こちらはiFreeNEXT FANG+の兄弟のようなファンドになります。

しかし、中身は違います。こちらは時価総額比のTOP10だからです。

FANG+の場合、10銘柄と本当に心中しなければいけません。

私はそんなこと、できません。

このファンドの面白いところは米国市場ではなく香港市場に上場している中国企業のTOP10というところです。

 

 

 

 

③Smart-i先進国株式ESGインデックス

 

一時期HSBCに浮気していましたが(笑)、本当はESG関連のインデックスファンドで先陣を切ったりそなAMを応援したかったのです。

純資産5億にも到達していないファンドですが、100円/日と微々たるもんですが、応援させてください。

 

また、ESGという大枠でくくった中でやはり範囲が広い方がESGの果たす社会的効果も大きくなると思います。これに関してはリターンはあまり考えてないですね。ESG投資を推進することで少しでも企業がサプライチェーンを気にするとか、SDGsを意識するとか、そういった方面に働きかけていけたら幸いです。

 

 

 

 

楽天USA360

これは完全に風丸さんの最強ポートフォリオから引っ張ってきたのですが笑

元々はマネックスで積立てようと思ってたのですが、こっちはSBI証券で積み立てることにします。

 

出口戦略で買い増す時に頭金というか、既にある程度の資産になっているようにするために、こちらで積み立てていこうと思います。

 

 

 

 

 

⑤農中<パートナーズ>おおぶねグローバル(長期厳選)

 

さて、最後に持ってきたのはインデックスファンドではありません。

あの名ファンドマネージャー奥野氏率いるゴリゴリのアクティブファンドです。

 

 

 

このファンドはハイウォーターマーク方式という基準価額が最高点を突破したときにだけ10%(税抜き)の手数料がかかります。それ以外の時は投信会社への手数料は0%と、”結果を出せなかったらただ働き”というファンドです。

 

 

 

この仕組み、なにかに似てるな、と思ったんですが、IFAやプライベートバンカーに似ているなと。特にIFAの中でもRIAというフィー型のタイプに仕組みが似てるんですよね。

 

 

 

 

この、利益を出した分だけフィーを払うというやり方はアクティブファンドとしてとても理に叶った姿だと思うのです。だって、結果を出していないアクティブファンドは信託報酬という手数料ビジネスを用いて顧客が損を被っているときも一定の収入を確保することができます。(もちろん解約して現金化されるリスクももちろんあるのですが)この時点で、売る側と買う側の利害が一致していないんですよね。

 

 

 

 

でも、この手法を取ると、売る側=運用する側も買う側=お金を預ける側もお互いに利害が一致するんです。

 

 

 

 

また、このファンドは運用責任者=奥野氏がどれだけこのファンドを保有しているかを月次のレポートで公開しています。

 

 

 

 

この仕組みについてはアメリカでは公表を義務化されている内容となっており、日本では法制度の整備がなされていない関係から詳細な金額が分からない、公表できないこととなっていました。

 

 

 

 

しかし、”起算日を100として現在の保有口数を表示する”というやり方で何とか類似データを公開させたとのこと。(奥野さんの元同僚で私が翻意にしている香港IFAの方から聞いた話なので間違いないと思います)

 

 

 

 

ちなみにアクティブファンド利用の最もお勧めの方法は公開している上位10ファンドを個別購入してバイ&ホールドすることとのことです苦笑

 

 

 

 

 

ただ、私は日本で初めてこういった仕組みを取り果敢に既存の金融業界に挑んでいくこのファンドに敬意を示し、定期購入しようと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、いろいろ書きましたが、全て100円/日なんですけどね笑

レバレッジ投資で最強ポートフォリオを構築するならマネックス証券が最適解か(仮)

こんにちは。カバラン丸です。

 

 

 

 

 

 

 

大手ネット証券には投信保有ポイントというものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

楽天証券であればどの投資信託であっても0.048%

 

 

 

そのため超低コストインデックスファンドを購入する場合は楽天証券で積み立てるのが最もお得です。

楽天カード積立による1%ポイント付与も相まって、真っ先に開設すべきは楽天証券となります。

 

 

 

 

 

SBI証券投資信託によって0.022%~0.1%(1000万円以上は0.2%のものもあり)です。

 

 

 

SBI証券ではSBIバンガードS&P500を積み立てることができます。このインデックスファンドは低コストすぎるため、後述するマネックス証券では投信保有ポイントが付与されません。

 

 

 

ちなみにSBI証券では従来でも0.02%の投信マイレージが付与されていたところ、信託報酬内でSBI証券に支払われる手数料分をポイントとして個人投資家に還元するという、とんでもないことを発表し投信マイレージも0.02%→0.0242%へ引き上げとなっています。

 

 

https://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/home/irpress/prestory210315_011500.pdf

 

 

本当に、ただただ素晴らしい対応だと思います。

 

 

 

また、たわらノーロード先進国株については投信マイレージが0.05%と楽天証券を上回ります。この点から、SBIバンガードS&P500とたわらノーロード先進国株を保有する場合はSBI証券がおすすめです。

 

 

 

しかし、今年6月から対応予定である三井住友カードでの積み立て還元率は0.5%と楽天証券の半分となります。

 

 

 

 

クレカ積立への対応は素晴らしいのですが、この点のみがネックでしょうか。

 

 

 

 

 

マネックス証券は0%~0.08%です。

 

 

 

超低コストインデックスファンドについてはマネックス証券で積み立ててはいけません。

SBIバンガードS&P500は上記の通り投信保有ポイントは0%です。

また他のインデックスファンドも基本的には0.03%と楽天証券SBI証券と比較して見劣りします。

 

 

しかし、信託報酬が約0.5%以上となるファンドについては投信保有ポイントが0.08%となります。(ざっくり見たところ、ですが)

 

 

 

 

そのためYouTube風丸さんが提唱する50代からの資産運用最強ポートフォリオとして

楽天USA360やiFreeレバレッジNASDAQ100等を積み立てる場合は投信保有ポイントの付与率は最大の0.08%です。

 

 

youtu.be

 

 

 

また、詳細が開示されていないので明言できないのですが、マネックスカードによる積立還元率が恐らく1%となるはずです。(いや、そうなってくれ)

楽天カード積み立ての1%還元と同等且つ投信保有ポイントが0.08%だった場合、マネックス証券は他のネット証券を出し抜き非常に魅力的な存在となるでしょう。

マネックスカード登場を待ち、投資信託の購入ポイントも1%還元だった場合には主題の(仮)を取り除きたいと思います笑

 

 

 

 

 

また、レバレッジ投資と限定させていただいたのにも訳があります。それは、マネックス証券の取り扱い証券数が楽天証券SBI証券に比べて少ないことです。

 

 

 

 

たとえばアクティブファンドで積立以外購入方法を認めない奥野氏率いるNVICのおおぶねシリーズはマネックス証券では取り扱いがありません。

 

 

 

 

 

従来マネックス証券に対しては米国株というイメージを強く持っていたのですが、それすらSBI証券に取って代わられつつある中で、マネックス生き残り戦略としてiFreeレバナスの成功からレバレッジファンドに活路を見出すしかないと私は思います。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、こんなメールが入ってました。

 

 

 

 

 

 

f:id:kavalanmaru:20210415002637j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

レバナス推しも良いのですが、早く、マネックスカードがリリースされることを祈るばかりです。