グーナーの語る投資と保険と政治と酒、時々生活

主に全世界株インデックス投資と生命保険と政治について電機系メーカー営業が語ります。

海外オフショア生命保険とは

こんにちは。カバラン丸です。













海外オフショア生命保険および海外オフショア投資信託について知見が増えたのでここに記録として残そうと思います。















今回は海外オフショア生命保険について記載します。















海外オフショア生命保険のメリットとは、、、












・香港やマン島等の非課税地域=オフショア地域の金融商品である
・非課税地域であるため配当金等が課税されずに再投資できることから年率リターンが課税地域と比べて1%程度高い

f:id:kavalanmaru:20210216025532j:plain
ジャナスフォーティファンド(日本)
f:id:kavalanmaru:20210216025658j:plain
ジャナスフォーティファンド(オフショア)

・年率リターンが1%でも違うだけで長期での資産形成で大きな違いを産むことになる(記事:72の法則参照
投資信託基本の基:複利と72の法則 - グーナーの語る投資と保険と政治と酒、時々生活)
・金融拠点として経済を活性化することを目的としているため魅力的な金融商品であるケースが多い
・ただし、世界各国がオフショア地域への資産回避による脱税を取り締まるため日本に居住する日本人は基本的に加入できない
*また、デフォルトの危機に瀕していると金融機関が判断した場合も加入できなくなったりする(韓国は日本からの米ドル拠出が滞った瞬間にデフォルトに陥るほど経済が脆弱な状況のため、日韓関係が嫌悪なムードになると韓国人が加入できなくなる措置が取られる)
・2年や5年間での短期間での払い込みで一生涯の生命保険を買える
・しかも、債券(主に長期米国債)で確定金利を、株式で変額金利を別々で出し、死亡保険を残したまま一部解約して現金化することも可能
・さらに、商品にもよるが被保険者を何度でも変更可能(親族であれば)、このタイプの商品のSunLifeHKのVISIONは 120年間運用を続けることができるため、相続対策にも学資保険にも子供の資産運用の柱にも何にでも利用可能。


















と、こんな感じでしょうか。ちなみに”基本的に“日本居住者が入れない理由は日本政府が外国資本の保険商品の介入を禁止しているからです。アクサ生命外資系保険会社が日本で販売している商品は日本のルール内で作った商品(運用に日本の国債が入っている)なので問題ありませんが、カナダのサンライフ等が取り扱う香港の商品を日本で販売すること自体NGとなります。しかし、香港内の信託会社が契約して被保険者を日本居住者にするというスキームがあります。この方法を現状受け入れているのがサンライフ社になります。*最近になりイタリアのジェネラリ社(GENERALI)も対応してきたようです。















f:id:kavalanmaru:20210216025146p:plain
GENERALI














ただし、以下に記載するデメリットも考慮して入ることを検討したほうが良さそうです














・米ドルか香港ドルでの積み立てとなるため為替の問題は発生する
・香港に銀行口座を持っていれば香港ドル積み立てにより手数料無料だが、香港に銀行口座を持っていない場合はクレカ払いとなり2.5%手数料が取られる
・解約返戻金を受け取る口座として香港の銀行を持っておいた方が便利だが、これも日本居住者はマイナンバーカード提出の義務が発生し、解約返戻金受け取り時に年末調整の対象となる。(しなかった場合は脱税容疑が掛けられる)
・かと言って日本の銀行で受け取ってもNGとなるため日本に住み続ける予定の人は使い方が難しい






























私は将来MM2H取ってマレーシアに移住してやろうと思っているので、加入はありかな思っています。ちなみに加入を検討しているのはSunlife HKのVISIONです。















f:id:kavalanmaru:20210216025102p:plain
VISION















そして、今のうちに本格的に副業として香港IFAになれないか、挑戦してみようかなと思いました。香港オフショア商品販売を私自身で出来れば、世界中どこにいても生活ができるようになる可能性が高いので。
















だって、リタイア時の移住先でIFAとしても食っていけたら、これほどいいことはないかな、と。















がんばります。。。